2017/12/18

逆転のリーダーシップ

テーマ:リーダーシップ
理論(コンセプト)名称:逆転のリーダーシップ
提唱者:リンダ・A・ヒル ハーバード・ビジネススクール(ウォレス・ブレッド・ドーナム記念講座)教授
時期:2014年6月原著 「Collective Genius: The Art and Practice of Leading Innovation」刊行

理論の紹介:
現代社会において、イノベーションを起こす組織のリーダーは羊飼いのようなリーダーであると説いた「集団の力を最大化させる」リーダーシップ論。

リーダー自らがビジョンを掲げ、チームメンバーを引っ張ることが理想的なリーダーシップだと考えられてきたが、イノベーションを生み出していくリーダーは集団の力を最大限に有効化するべくメンバーの才能を集結させると主張。

「背後から指揮する」様が「羊飼い」に似ていることから「これからのリーダーは羊飼いになれ」と述べている。

カリスマ人材不在でもチームメンバーで知恵を絞り「集合的に天才(Collective Genius)」である条件を導き出すことによってイノベーションを実現できるとし、そのための要素として、発見型の学習・統合的な決定・コラボレーションの3つを掲げている。

 

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
3ヶ月で売上向上と離職率低減。
「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?


識学マスタートレニングは「学びながら実践」します。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

 

関連書籍リンク:
ハーバード流 逆転のリーダーシップ(リンダ・A. ヒル著)
http://www.nikkeibook.com/book_detail/31989/
https://www.amazon.co.jp/dp/4532319897/

関連外部記事リンク:
http://www.dhbr.net/articles/-/3290