2017/12/18

プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)

テーマ:キャリア
理論(コンセプト)名称:プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)
提唱者:ジョン・D・クランボルツ スタンフォード大学教授
時期:1999年 「Planned Happenstance: Constructing Unexpected Career Opportunities」論文発表

理論の紹介:
計画的偶発性とは、「キャリアの8割は予測しない偶発的な事によって決定される」という説から、その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていく考え方である。予期せぬ出来事をキャリアの機会としてとらえた場合、このような出来事を「プランド・ハプンスタンス」と呼んでいる。

自分の理想像を描き、それを実現させるために計画を練るが、変化の激しい現代では、あらかじめ計画した通りに進まず、さらには計画したキャリア以外の可能性を捨ててしまうことにつながるため、計画に固執することは現実的ではないと述べている。

計画的偶発性とは、「偶然の出来事」に対して失敗を恐れず最善を尽くし、積極的な行動をしていくことによって、ステップアップできるという考え方。

「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス」に変えるには、好奇心・持続性・柔軟性・楽観性・冒険心の5つのスキルが必要と述べている。これらのスキルを使って、積極的に行動を起こし、「プランド・ハプンスタンス」を作り出すことによって結果的に個人の「人生の質」を深めていると呈している。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロード/一覧はこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら

 

関連書籍リンク:
その幸運は偶然ではないんです!(ジョン・D・クランボルツ、A.S.レヴィン著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478733244/

関連外部記事リンク:
http://www.mri.co.jp/NEWS/magazine/local/2006/__icsFiles/afieldfile/2008/10/21/20060701_ccd02.pdf