2018/01/25

徹底のリーダーシップ

テーマ:リーダーシップ
理論(コンセプト)名称:徹底のリーダーシップ
提唱者:ラム・チャラン 経営アドバイザー ハーバード・ビジネス・スクール元教授
時期:2009年

理論の紹介:
徹底のリーダーシップとは、世界中のビジネスリーダーから絶大な支持を受けている経営アドバイザーである、ハーバード・ビジネス・スクール元教授のラム・チャラン氏が、自身の著書「徹底のリーダーシップ」のなかで提唱したリーダーシップ論である。著書が書かれた2009年は、前年の2008年9月に米国で発生したリーマン・ショックにより、金融危機が世界規模で拡大した時期であり、危機の時にビジネスリーダーはどのようにすべきかを説いたものである。

危機の時代において、ビジネスリーダーに最も重要なのは、「キャッシュ」を確保しながら「徹底した経営」を実行することである。「徹底した経営」とは、生の情報を把握し、経営の細部まで徹底して踏み込んでいくリーダーシップを発揮した経営である。

ラム・チャラン氏は、著書「徹底のリーダーシップ」のなかで、難局においてリーダーに絶対必要な6つの資質として、「誠実であり、信頼できる存在であること」、「社員、部下を鼓舞し、勇気付ける存在であること」、「現実と生の情報でつながっていること」、「楽観的な現実主義者であること」、「細部にまで徹底して踏み込んでいくこと」、「未来に打って出る勇気があること」をあげている。

徹底のリーダーシップは、2009年の世界的金融危機の時代に書かれたリーダーシップ論であるが、その理論は、ビジネスリーダーに必要な重要課題であり、現代の経営にも役立つものである。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロード/一覧はこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら

関連外部記事リンク:
徹底のリーダーシップ(ラム・チャラン 著)