2018/01/25

タレント・マネジメント論

テーマ:人材育成
理論(コンセプト)名称:タレント・マネジメント論
提唱者:明確ではない
時期:明確ではない

理論の紹介:
「タレント・マネジメント論」とは、社内の人材のタレント(人が持つ資質・能力)の情報を把握し、パフォーマンスを高めるために、教育や戦略的な人事を行うための考え方や理論である。「タレント」とは、才能、スキル、知識、知性、判断力、意識、性格、意欲を総合した技量であると言われている。

2001年に米国マッキンゼー・アンド・カンパニーのチームにより刊行された「The War for Talent」(邦題:ウォー・フォー・タレント)によりタレント・マネジメントが世の中に広まった。ウォー・フォー・タレントでは、企業は人材育成競争に勝つ必要があるとし、そのための5つの行動指針などを挙げている。

タレント・マネジメントを導入するためには、大きく分けて2つのポイントがある。1つは、人材を会社の重要な財産であると認識し、タレントの活用や育成の方針を明確化し、長期的なタレント育成の環境を整えること。もう1つは、個々のタレントのデータを収集し、データベース化することで、全社でタレントを活用できる仕組みをつくることである。

近年では、米国人材開発機構(ATD:人材開発、組織開発に関する米国の非営利団体)がタレント・マネジメントを「仕事の目標達成に必要な人材の採用、人材開発、適材適所を実現し、仕事をスムーズに進めるため、組織文化(Culture)、エンゲージメント(Engagement)、能力・才能(Capability)、組織の潜在的可能性(Capacity)の4つの視点から、実現しようとする短期的/長期的、ホリスティックな取り組みである」と定義した。また、さまざまな組織や個人によりタレント・マネジメントの研究が進み、企業戦略との適合性を高めた「戦略的タレント・マネジメント論」や多国籍企業が国境やグループ企業を超えて最適な人材登用を行うための「グローバル・タレント・マネジメント論」なども登場している。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロード/一覧はこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら

 

関連書籍リンク:
ウォー・フォー・タレント ― 人材育成競争
http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/4798101494
https://www.amazon.co.jp/dp/4798101494

関連サイトリンク:
HRポータルHRpro タレントマネジメント
https://www.hrpro.co.jp/glossary_detail.php?id=17

前の記事へ