2017/12/18

マッキンゼーの7S

テーマ:組織マネジメント
理論(コンセプト)名称:マッキンゼーの7S
提唱者:マッキンゼー・アンド・カンパニー

理論の紹介:
マッキンゼーの7Sとは、世界有数の戦略コンサルティングファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した企業戦略における、幾つかの要素の相互関係をあらわしたもの。

7Sは、ソフトの4Sとハードの3Sに分かれる。ソフトの4Sは、Shared value (共通の価値観・理念)、Style(経営スタイル・社風)、Staff(人材)、Skill(スキル・能力)で、価値観が絡む要素であるだけに慣性が働き、強制的にまたは短時間に変更することは難しいとされる部分である。ハードの3Sは、Strategy(戦略)、Structure(組織構造)、System(システム・制度)で、変えようとする意思やプランがあれば、変更することが可能である。

手をつけやすいという理由から、ハードの3Sを設計し、運用すれば成功し易いと捉えられがちであるが(企業変革を行う場合にもハードのみに手が入れられる場合が多い)、経営において重要度が高いのは、ハードとソフトが統合され、かつバランスがとれていることである。

優れた企業では、それぞれの要素が補いあい、強めあって戦略が実行されているとされる。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロード/一覧はこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら