2020/01/23

やる気が出ないあなたは「感情」に振り回されているかもしれない

何か達成しなくてはいけないことがあるのに、なかなかやる気にならない。
集中力がすぐに途切れてしまう。
もしくは嫌な人がいて、怒りの気持ちが残ってしまう。

そんな悩みを持つビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。

では、モチベーションを上げるためには、どうしたら良いでしょうか?
なぜ、集中したり、頭がクリアな状態で仕事にかかるのが難しいのでしょうか?

意識的にやる気を出すために顔を洗ったり歯を磨いたりする?
気分を変えるために場所を変える?
コーヒーを飲む?

多くの人が、やる気を維持しようとして、いろんな方法を試しています。

集中するためには一切の「感情」を排除するのが大事だと言うのは、認知科学者の苫米地英人さんです。「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」では、頭がもやもやしている原因は何か、について科学者の立場から教えてくれています。


本書では、やる気が出ないので1日に何度も歯を磨く編集者が紹介されています。

ーーーーー
「それいいなぁ。オレも会社で歯磨きしてみようかな」
と思いましたか?
 それはいけませんね。
 なぜなら、歯磨きで一時的にすっきりしても、1、2時間後には頭が使い物にならなくなるからです。そうしたら、あなたはきっとまた歯磨きをすることでしょう。
 気分がダレる→歯磨きをする→頭がごちゃごちゃする→歯磨きをする。
 つまりはその無限ループです。[1]
ーーーーー
本来、この歯磨きのような、強制的な「やる気スイッチ」は必要ありません。やるべきことは、自分が支配されている「感情」にづき、感情による思考の乱れをコントロールすることなのだそうです。

世の中には、感情をコントロールできる人と、簡単に感情に左右される人がいます。
すると、絶対に成功させたいと思うプレゼンを前にして、感情に振り回されてしまうと言うのです。

 

感情を切り離す練習をする

 

苫米地さんは「感情に浸る」ほど無駄なことはない」と断言します。

ーーーーー
 実は、「感情にひたる」ほどあなたにとってむだなことはありません。
 なぜなら感情とは、環境の変化によって生じる生体反応にすぎないからです。
[2]
ーーーーー

さらにこうまで言ってます。

ーーーーー
世の中にはそういった感情をある程度コントロールできる人と、簡単に左右される人がいます。感情に支配されて生きている人は論理をつかさどる新しい脳(前頭前野)より感情をつかさどる古い脳(扁桃体)に支配されているわけですから、原始的。進化の度合いでいうとゴリラや猿に近い、ということになります。[3]
ーーーーー

なかなか厳しいです。

では、どうやって感情を切り離すのか。
そのコツの一つは「ゴールを持つこと」です。
そして驚くことに、彼はゴールに関係ない感情は全てゴミだと認識することが重要だ、と断言します。
一見、有用そうな嬉しい感情でも、楽しい感情でも、感情はすべてゴミなのです。

英語が話せるようになりたい、起業したい、自分のプロジェクトを成功させたい。
本当に自分が目指しているゴールに向かって進もうとすると、感情のゴミは減るのです。

 

感情をコントロールするコツ

 

もう一つは、すべての感情を娯楽にすることだと、苫米地さんは言います。

実は、動物としての人間が感じる感情は、すでに生命の維持とは関係ないものが増えています。ですので、「悲しい」「腹が立つ」「後悔する」などの感情を、「単なる娯楽だ」と切り捨ててしまうことです。また、「楽しい」「嬉しい」という感情すら、「ちょっとしたハッピー」や「安易ないい気分」を追い求めるために、不必要な感情だと言います。

ゴールを実現すると決めたら、「上司に対する怒り」も「ちょっとしたハッピー」も全て感情のゴミだというのです。

また、筆者は「感情の暴走の始まりを意識せよ」と言います。
つまり、腹が立ったり、悲しい気持ちになったり、と言う感情を客観的に見つめ、感情の動きが起きたら、理由を考えて、対処すると。

これは、スティーブン・コヴィー博士の有名な本「七つの習慣」の「刺激と反応の間にスペースを入れる」と言うのと、ちょっと似ているかもしれません。

また、自己責任感がある人ほど、ショックな出来事に対する理不尽度は小さくなる、とも筆者は主張しています。「自分にも責任がある」と考えると、心の傷は深くならず、結果的にモチベーションの維持を邪魔せずに済むと言うわけです。

 

本当のゴールは何かを意識する

 

しかし、そうは言っても、会社に行くことを考えた途端に「嫌だなぁ」と嫌な上司の顔が浮かんでしまう人もいるでしょう。

その場合は、もしかしたら、設定しているゴールが「本当のゴール」ではないのかもしれません。では本当のゴールとはなんでしょうか?

ーーーーー
本当のゴールとは、自分が心から実現したいゴールです。自分が心からやりたいことに向かっているなら、常に密度高く集中して仕事を進められるのです。[4]
ーーーーー

さらに著者は、「やりたいことをやるから、集中力も、生産性も、能力も上がるのです」と書いています。要するに、自分が心から望むゴールを先に用意することが、必要だと言うわけです。

 

他人との比較をやめる

 

この「本当のゴール」を知るために大事なことは、「他人からの情報」を受けることに、自覚的になることです。

例えば、転職したら薔薇色の生活になる! と信じて転職したけれど、思った通りではなかった
高学歴・高収入・高身長の男性を手に入れて結婚したのに、不満だらけ
欲しいと思って買ったのに、買ったら嬉しくない

こうしたことが起きるのは「他者からの刷り込み」を元に思考した結果だと筆者は指摘します。

田舎暮らし、アーリーリタイア、起業、海外移住、全て同様です。

本当は自分が何をやりたいのか。
それは本当に心から望んだゴールなのか。
他者から刺激されて「与えられた」ゴールではないか?
メディアの影響を受けて、「羨ましい」と生じた理想像ではないでしょうか。

ここを考えてみないと、本当の集中力やモチベーションは発揮できません。
筆者は「毎日、満員電車で会社に行っている人にも、真に自由な人はいます」としていますが、おそらくこれが真理でしょう。

筆者はマレーシアに住んでいますが、実際に、マレーシア移住に関するテレビを見て、移住された方が「こんなはずではなかった」とガッカリされているのを見てきました。もしかしたら、「楽しそう」「嬉しそう」という他者に刺激されたゴールに、そもそもの問題点があったのかもしれません。

自分のゴールは自分で探すしかないのです。

 

【リーダーシップが育つロジカルなマネジメントを体験してみませんか?】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して、このような悩みをお持ちであれば一度、リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を無料で学んでみませんか?

あなたのマネジメントを変えるきっかけになるかも知れません。

➤【完全無料】リーダーシップが育つ!マネジメント体験はこちら

 

[1]出典 「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」苫米地英人
[2]出典 「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」苫米地英人
[3]出典 「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」苫米地英人
[4]出典 「『頭のゴミ』を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」苫米地英人