2017/12/18

組織の成功循環モデル

テーマ:組織マネジメント
理論(コンセプト)名称:組織の成功循環モデル
提唱者:ダニエル・キム マサチューセッツ工科大学 教授
時期:不明

理論の紹介:
組織の成功循環モデルとは、組織が継続して成果を上げていくための仕組みやポイント、良い成果に至るまでの過程を示唆した組織マネジメントモデル。

組織が求める「成功・成果」といった良い「結果」を出すためには「行動」や「思考」から変えることが必要であり、これら2つの質を高めるために一番重要なことは、組織内メンバーの「関係性」であると主張する。

同モデルは、名前の通りループするモデルである。
すでにでている「結果」をもとに、良い結果にしていこうと行動を変化させることはさらに結果の質の悪化を招き、マイナスのスパイラルが続くこととなる。逆に、まずは「関係性」の向上を重要視していくことで、思考や行動が良質なものに変化していき、引いては良い「結果」へとつながっていく。良い「結果」はさらに「関係性」の質を向上させ、何度も良い「結果」をもたらすプラスのスパイラルとなる。

目に見える結果を基準にスタートするのではなく、先に組織内の「関係性の質」にフォーカスをあて明らかにすることで、組織に持続的な成長をもたらすと述べている。

 

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
1000以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今申込むと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼント

識学マスタートレニングは「学びながら実践」します。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

関連外部記事リンク:
ITmediaエグゼクティブ「戦略を実行する第2ステップ―組織の成功循環モデルを知り、リーダーシップを強化する」
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1112/05/news007.html