2017/12/18

シンクロニシティ

テーマ:組織マネジメント
理論(コンセプト)名称:シンクロニシティ
提唱者:ジョセフ・ジャウォースキー ジェネロン・コンサルティング会長
時期:1996年に原書「Synchronicity: The Inner Path of Leadership」刊行

理論の紹介:
シンクロニシティとは、「二つ以上の出来事が、因果で説明ができなくても、意味深い形で偶然、同時に起こること」を指す一般名詞だが、ジョセフ・ジャウォースキーが、リーダーシップについて書いた著書のタイトルでもある。

ジャウォースキーは、偶然にしか見えない「シンクロニシティ」が、どうすれば組織やチームの中で「集団的に」起こるのか、どのようなリーダーシップがあれば「予測される奇蹟」が起こるのかを考えた。ロバート・K・グリーンリーフが提唱する「サーバント・リーダーシップ」を土台にし、さらに進化した形として、「シンクロニシティを呼び起こすリーダーシップ」を位置づけている。

中心にある考えは、人は「つながり合う宇宙」の一部であるというということ。全体を捉えるという意味ではシステム思考に近いが、よりそれを深めた考え方だといえる。

リーダーシップとは、特定の人が生まれ持った資質でもなく、立場でもなく、未来のつくり方を学ぶことによって、宇宙の一部である自らを通して世界を出現させるものだとしている。それを実現するために、リーダーがどうあるべきか、生きるべきかを説いた。

ジャウォースキーは、「宇宙」を司る4つの原理にたどり着いたとし、著書『シンクロニシティ』の増補改訂版でそれを記している。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたがマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロードはこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら

関連書籍リンク:
シンクロニシティ[増補改訂版] ― 未来をつくるリーダーシップ(ジョセフ・ジャウォースキー著)
http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2146
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B019NZJFYE/
源泉 ― 知を創造するリーダーシップ(ジョセフ・ジャウォースキー著)
http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2145
https://www.amazon.co.jp/dp/4862761453/