2017/12/18

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論

テーマ:人材育成
理論(コンセプト)名称:ハーズバーグの動機づけ・衛生理論
提唱者:フレデリック・ハーズバーグ 心理学者
時期:1959年に原書「The Motivation to Work」刊行

理論の紹介:
ハーズバーグの動機づけ・衛生理論とは、モチベーション理論の一つであり、仕事に対し満足をもたらす要因と不満足をもたらす要因が異なることを示し、前者を「動機づけ要因」、後者を「衛生要因」と呼んだ。この理論は、二要因理論とも呼ばれる。

「動機づけ要因」には、達成、承認、仕事、責任、昇進、成長の可能性などがあり、「衛生要因」には、会社の方針と管理、監督、仕事上の人間関係、職場環境、安全保障、給与などがある。これらから、動機づけ要因が仕事の満足感を与えるものであり、衛生要因が不満に結びつくものであることが分かる。

つまり、いくら衛生要因を満たしても、動機づけ要因を満たさなければ、満足度は上がらない。逆に、動機づけ要因が満たされていても、衛生要因が満たされなければ、不満が大きくなる。

よって、メンバーのモチベーションを上げるには、動機づけ要因と衛生要因の両方を確認し、満足度を上げる要因を高め、不満が大きくなる要因を解消するように導くことが重要になる。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロード/一覧はこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら

関連外部記事リンク:
DIAMOND ONLINE フレデリック・ハーズバーグ 動機づけ―衛生理論
http://diamond.jp/articles/-/2084