2017/12/18

【識学】モチベーションとマネジメントに関する、大きな錯覚とは?

「企業の業績向上のためには社員のモチベーションを上げなければならない」とよくいわれていますが、果たしてこれは正しいのでしょうか。

モチベーションは社長や上司が与えるものではない

「モチベーション」の意味は「動機づけ」です。したがって、「企業が社員のモチベーションを上げること」は、他者(企業)によって自分(社員)が動機づけされるということになります。

そもそも、他者の動機づけによって自分の成果が上がった経験がある人は、少ないのではないでしょうか。

例えば、上司から、「昇進したらこんなにいい時計が買えるから頑張れ」といわれたことが直接的な動機になることはあまりないでしょう。さらに、それが継続的な動機となり続けることも少ないでしょう。

それよりも、「いい成績を上げるようになってきた」と成長感を感じ始めた時に「もっと頑張って同期の誰よりも早く昇進しよう」などのモチベーションが自身の中で高まります。そして、自らの動機づけだからこそ、継続した努力がなされ、その結果、良い成果が得られる事につながるのです。

モチベーションは物事を継続していく中、成長していく過程で自己設定、自己発生するものです。決して他者から与えられるものではありません。さらに、動き出す前に、モチベーションを発生させる事ができるというのも誤解です。

では、上司は部下のモチベーションに何も関与できず、すべて部下任せなのかといえばそうではありません。上司にできることは部下を厳しく管理し、成長させることです。厳しく管理すると、モチベーションが低下するのでないか思われるかもしれませんが、そんな事はありません。むしろ、管理されていないと、成長を感じるために必要な「できない事」が曖昧になります。ここが曖昧になると「できない事ができた=成長」という認識も曖昧になるため、成長感をいつまでも感じる事ができず、正しいモチベーションが発生しないのです。

モチベーションが「やる気」の意味でも同様

「モチベーション」は「動機づけ」の他に「やる気」という意味で使われることも少なくありません。

具体的には「みんなで仲よく仕事をしたほうがモチベーションが上がる」というようなケースです。このようなケースでは「気持ちよく仕事ができる」こと、言い換えると、「ストレスがなく働くことができる」ということでもあります。

しかし、「ストレスがない」ということは成長しないということでもあります。

成長には適度なストレスが必要となるのです。

部下が自ら成長しようとして新たな課題にチャレンジすれば、そこには失敗や挫折は付きものであり、うまくいかないストレスを感じながらも努力し、乗り越えていくことで部下は成長していくのです。

補足すると、組織内には無駄なストレスはあります。それは、人間関係のストレスです。意見や考え方の相違、誤解、錯覚によるストレスは、物事が進行せず、組織に無駄を発生させてしまいます。

このような事態を避けるためには、上司が業務上のルールをしっかり定め、その業務にかかわる全員が明確に認識することが重要です。

このように、上司が部下にモチベーションを与えようとしても、パフォーマンスを向上させることはなく、部下の成長を阻害することにつながります。モチベーションは与えられるものではなく、部下が成長していく過程で自ら設定するものです。そのため、部下をしっかり管理し、部下の成長に責任を持ち、モチベ-ションを気にせず、必要なストレスをかけ続けることが大変重要であり、これこそが上司がやるべきことなのです。

- contact us -

識学とは人の意識構造に基づいたマネジメントの原理原則です。

創業3年で600社以上の企業が導入したマネジメント理論について詳しく知りたい方は、下記のボタンよりお気軽にお問い合わせ下さい。

あなたの疑問やお悩みを、必要に応じて弊社のコンサルタントが無料でご相談承ります。