2017/12/18

行動探求

テーマ:人材育成
理論(コンセプト)名称:行動探求
提唱者:ビル・トルバート ボストン・カレッジ・ウォレス・E・キャロル経営大学院 名誉教授(リーダーシップ論)(同大学元学長)
時期:2004年に原著「Action Inquiry: The Secret of Timely and Transforming Leadership」刊行

理論の紹介:
発達心理学の知見に基づいた意識レベルの変容を促して行動の幅と効果を広げていくリーダーシップ開発手法。チームや組織を「学習する組織」へと導くための探求手法でもある。

当時、MBAプログラムの上位100校に入っていなかったボストン・カレッジを、ビル・トルバートが学長に就任してから3年の間にトップ25位にランクインさせ、国際企業のコンサルタントを務めた経験を踏まえ、人や組織に見られる発達段階と変容について理論化したのが「行動探求」である。

リーダーシップの成長段階を機会獲得型・外交官型・専門家型・達成者型・再定義型・変容者型・アルケミスト型の7つの「行動論理」で示している。また、組織が「学習する組織」に向かう成長段階を構想・投資・組織化・実験・体系的な生産性・社会的ネットワーク・協働的な探求・探求の基盤コミュニティの8つの「組織の行動論理」で示している。

学習理論の多くは「将来」の行動を変えるためのものであるが、行動探求は「今」起こっていることに意識を広げ、今この瞬間にとって一番タイムリーな行動を起こすことに焦点を当てている。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロード/一覧はこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら

 

関連書籍リンク:
行動探求――個人・チーム・組織の変容をもたらすリーダーシップ(ビル・トルバート著)
http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2213
https://www.amazon.co.jp/dp/4862762131