2017/12/18

組織の変革はなぜ必要なのか?Appleの歴史にみる成功の秘訣

数人で始めた小さなコンピュータ会社が、2017年現在では時価総額世界一の企業になりました。世界で注目を集める企業の一つとなったAppleですが、その歴史においてはは常に成功を収めていたわけではありません。Appleの成功には、カリスマ経営者であるスティーブ・ジョブズがあるべき未来を実現するための行動を積み重ねたことの功績が非常に大きいと言えます。

Appleはガレージから始まった

Apple最初の製品は、もう一人のスティーブであるスティーブ・ウォズニアックにより開発されました。それは「Apple I」と名づけられたマイクロコンピュータです。ジョブズとウォズニアックらは1976年にApple Iをガレージで製造し、販売を始めました。

Apple Iの販売は一定の成果を上げ、ジョブズは一般向けに大量にコンピュータを販売したいと考えました。そのために個人投資家のマイク・マークラをAppleに呼び込みます。更に銀行の融資を得て、Appleはコンピュータの大量販売ができるように成長していきます。

この時期の、ある意味で強引とも捉えられるジョブズのやり方は映画にも描かれていましたが、ジョブズには自社がコンピュータ産業に留まらず、消費者の生活のあり方を変えていく様が見えていたのかも知れません。

Apple IIの爆発的ヒットから過剰在庫へ

1977年に発売されたApple IIは、世界初となる個人向けに大量販売されたコンピュータです。Apple IIは現在のパソコンの祖先と言えるでしょう。Apple II向けに多くのアプリケーションソフトが開発され、爆発的ヒットとなりました。このパソコンの販売でAppleは莫大な利益を得ました。

Apple IIの成功で、競合となる大企業がパソコンの製造・販売に参入してくるようになります。そんな中、1984年にはジョブズが主導しシンプルさを追求したコンピュータ「Macintosh」を発売。しかし、需要の予想を大きく見誤り、Macintoshの過剰在庫を抱えることになります。

ジョブズの追放、そして復帰

Macintoshの過剰在庫により経営が混乱したAppleにて、当時の社長ジョン・スカリーは、ジョブズがその原因であると考えました。1985年、取締役会にてジョブズはAppleから追放されます。そしてジョブズは、ワークステーションの会社であるNeXT社を創立します。

その後、Appleの経営は順調とは言えず、1995年頃になるとAppleには度々買収の話が持ち上がることなりました。しかし、買収交渉はことごとく失敗します。Appleは、次期パソコン用OS(オペレーティング・システム)の基盤技術入手のため、NeXT社を買収することを1996年に発表し、ジョブズはAppleに復帰することになりました。

iPodは世界の音楽スタイルを変えた!

Appleに復権したジョブズは1997年8月には暫定CEOに就任します。ジョブズは、製品ラインの絞り込みを実施。また、組織の改革として、階層を減らし小規模でフラットな組織へと変革しました。そうしたジョブズの体制で生まれたのが、スケルトン・ボディの新しいパソコン「iMac」です。iMacは大ヒット商品となり、Appleの復活を示しました。

ジョブズは2000年には正式なCEOとなります。2001年には、それまでの携帯音楽プレーヤーとは一線を画すiPodを発売。直観的な高い操作性と管理ソフトiTunesとの連携で売上を伸ばしていきます。その後、音楽配信サイトのiTunes Music Store(後のiTunes Store)により、音楽はCDショップで買うものからダウンロードするものへ変化しました。その後、iPhoneやiPadの成功へ続いていきます。

各種の製品、ネットワーク上のサービスを次々とリリースしながら、Appleのファンとしての消費者を巻き込み、やがて世界中の企業がAppleの築き上げたプラットフォーム上で競争し合うようになったのです。

成功にはリーダーのビジョンが不可欠

こうして一時は身売りや倒産の危機にあったAppleは見事に復活しました。iMac、iPod、iPhone、iPadといったイノベーティブな製品が生まれた背景には、それらの製品を生み出すためのジョブズのビジョンがあったと言えるでしょう。

時に部下から粗暴な振る舞いや朝令暮改を批判されることもあったとされるジョブズですが、遠い先の未来を見据えていたからこそ、部下の反発を恐れず改革を推進していたと言えるでしょう。

 

【マネジメントの悩みに関する無料資料公開中】

仕事に対する価値観の多様化により、様々な考え方を持つ人をチームとしてまとめ、最高の結果を出すために、リーダーには高度なマネジメント能力が要求される時代です。

そんな中、現代のリーダーたちは日々、様々な課題に直面し、多くの悩みを持っているのではないでしょうか?

識学式リーダーシップ塾でも、多くのリーダから以下のようなお悩みを耳にします。
-部下の成長速度に悩んでいる
-部下とのコミュニケーションのとり方に悩んでいる
-部下をやる気にさせる方法に悩んでいる
-部下への指示の出し方に悩んでいる
-部下の評価の仕方に悩んでいる

もし、あなたもマネジメントに関して何か悩みをお持ちであれば、いくつかの公開資料をご用意させていただいていますので、お気軽にご覧ください!!

➤【無料資料】のダウンロード/一覧はこちらから

■今ある悩みを聞いてほしい!!そんな方は… マネジメントに関する様々な悩みを、マネジメントのプロにぶつけてみませんか?

➤【完全無料】マネジメントのお悩み相談はこちら

 

>>一流の経営者に学ぶ「孤独に決断するリーダー」のあり方